ストラテラでスニッフするとどうなるの?

ストラテラのスニッフは危ない

ストラテラによるスニッフは控えることをおすすめします。

 

なぜ、ストラテラのスニッフはしない方がいいのか。それをここから説明していきたいと思います。

 

ストラテラでのスニッフはやめておこう

医師の診断、処方の上、説明文書に記載がある、使用上の注意及び用法・用量に関する注意をよく読み、医薬品を正しくお使いください。

上記の文と似たような文章が、ほとんど全ての薬のパッケージに注意書きとして記載されているはずです。誰しもこれと似たようなものを見たことがあるはずです。スニッフとは「注意書き」の警告を無視した製薬会社が想定していない、危険な服用方法だということをまずは理解しましょう。

 

これをわかっていないのかそれとも無視しているのか、ストラテラによるスニッフを行おうとする人は大勢いるようです。

 

スニッフをすることによる効果は大体3つで

 

効果があるまでの時間短縮
効果自体が強まる
効果時間が長くなる

 

これらが主な物になるでしょう。

 

3つ全部の効果が得られるのはまれで、この中のいくつかが出るようです。

 

ストラテラのようなADHD治療薬は医師からの処方がなければ手に入りません。処方量にも限りがありますから、スニッフで少しでも効果を強めて使いたいという考えがあるのでしょう。ですが、それと引き換えの大きなデメリットがあるということも忘れないようにして下さい。

 

医者が処方してくれる分量は、効果の強さや効き目の長さなど色々な要素を考えた上で決めています。しかも、それは正しい用法で飲んだ場合を想定した物です。薬に対してなにもわからない一般人が自分の判断で効き目を変えてしまうのは極めて危険です。ストラテラは正しい用法用量でも副作用の出ることがある薬です。スニッフで効果を変えたらどうなってしまうのでしょうか。

 

ストラテラをスニッフしたところで、効き目や効果時間が大きく変わることはないです。聞き始めるまでの時間が少し短縮されるようですが、きちんとした手順で行わなければ鼻の粘膜を傷つけるといった害があります。その上、スニッフの準備に時間をかけている位だったらさっさと飲んでしまった方がいいでしょう。

 

ストラテラの正式なスニッフ法

ストラテラによるスニッフは、きちんと行っても体にとって害のある行為であることは間違いありません。さらに、正しくない方法で行ってしまったらその害はもっと大きくなってしまうかもしれません。少しでも安全に行うために正しい方法を説明します。

 

スニッフとはストローなどの筒状のもので、細かく砕いた薬を鼻から吸い込んで、粘膜から直接摂取する方法です。

 

ストラテラは、カプセル剤になっていますから、あけて中身の粉末を出しさらに細かくしていきましょう。しかし、ここで手間を惜しんで手を抜けば、大きな塊が残ってしまいますから、吸い込むときに鼻の粘膜を傷つけてしまった、吸収がしづらくて逆効果になったりします。

 

綺麗に細かく砕きたければ、カードを使ってテーブルにこすり付けることですりつぶすことができます。ですが、初めからそれ用の専門器具を受かった方がより一層短い時間で綺麗に細かくすりつぶせます。ピルクラッシャーや錠剤粉砕機などを探してみましょう。

 

つぶし終わったら、平らな場所にストラテラの粉末を広げます。折り畳み式の鏡を使えば、確認しやすく、あとでまとめるのもやりやすいでしょう。

 

最後に、鏡の上に広がったストラテラを1本のライン状にまとめます。ここで、長くなりすぎて吸いづらくなってしまうようであれば2本に分けてしまっても大丈夫です。

 

準備ができたら、ストローなどを使って、1ライン分を一気に吸い込みます。上手く吸うには、鼻の奥の方の粘膜にくっつけるような感じに行いましょう。最初はうまく行かないと思いますが、鼻をすすったり噛んでしまうと効果がなくなってしまいますので我慢です。

 

こんな面倒なことをしたところで、効き始めが早くなるくらいのメリットです。その早くなるのも作業する時間分早く飲んだ方がいいというくらいのものです。更に、用法外の服用方法ですから、どんな副作用が起こったとしても自己責任です。

 

ストラテラは元来副作用の起きやすい薬ですから、用法外の服用を行うと未知の副作用が出てしまうかもしれません。

 

こんな危険があるのに、正しい方法でスニッフしてもメリットはあまりないですから、やめておいた方がいいでしょう。

 

更に、ストラテラはカプセル剤です。そもそもカプセルから出すこと自体が推奨されていないことに関しても覚えておきましょう。

 

ストラテラはこんな薬


ストラテラの概要として一般名をアトモキセチンと言います。
その特徴として、6歳以上から18歳未満の小児のADHD治療薬で、世界初の非中枢神経刺激薬ですので依存や乱用のリスクがとても低いです。

 

服用すると脳内の前頭前野でのノルアドレナリンの再取り込みを阻害する事で効果を発揮し、今までのADHD治療薬とは異なる作用があるので、これまで薬物治療を受ける事が出来なかった人や、薬物治療で効果が無かった方への治療の選択肢になります。
ストラテラを服用すればドーパミンを間接的に増やしてくれ、ADHDの症状である不注意や多動性、衝動性を改善します。

 

効果が出るまでには投与を開始してから2週間程度で効果が現れ、6週間から8週間位で安定した効果が期待出来ます。
持続時間は24時間で薬の効果が途切れる事が無いですが、副作用として食欲低下や眠気、頭痛などが挙げられます。
ストラテラの処方パターンとしては、最初は1日40mgから飲み始めて副作用がないかなどの様子を見ます。

 

その後1日80mgまで増やし、それからは1日80mgから120mgで維持して行きますが、ADHDの症状が改善して行けば医師と相談しながらになりますが量を減らして行く事もあります。
ストラテラを服用する事で患者さんは心理的、行動的な改善が見られ、周囲の人との関係が良好になる事が期待出来ますし、社会的にも自信を取り戻す事が出来ると考えられています。

 
http://www.lftongsen.com/ http://www.red-dog-poker-x.com/ http://sahabat-pnj.com/ http://idashoes.com/